本文へスキップ

原油高騰の理由を解説します。

スポンサーリンク

原油高騰の理由を 解説します。

原油価格が上がる原因は、原油の需要 > 原油の供給 です。石油の供給量が不足している状態が続くと 原油高になります。具体的な理由は

理由1.中国とインドの経済成長で石油消費量の増加
理由2.中東での戦争により石油の供給量が低下
理由3.投機的な思惑(先物市場のマネーゲーム)

原油価格が高騰する仕組みは他の商品と何ら変わりありません。 原油調達が難しくなり供給量が減れば価格は上昇します。値段が上がる仕組みは基本的な経済ルールと同じです。

中国・印の経済成長

イラクでの戦争

原油価格と投機マネー

需要と供給を無視して、マーケット事情だけで値段が変わることもあります。例えば2007年の原油価格高騰はサブプライムローン問題と深く関係していました。具体的に言いますと、投機的な思惑で原油価格が変動したケースになります。

スポンサーリンク


原油価格上昇に伴う経済への影響

石油価格が高騰すると消費が冷え込みます。 ガソリン使用量の減少や物価上昇など、それが行き過ぎるとオイルショックが起きます。ここではそのあたりの詳しい仕組みについて話します。

ガソリン使用量の減少

オイルショックの原因

物価上昇と原油高

石油に代わる新エネルギーの解説

バイオエタノールやバイオガソリンなど、新しいエネルギーへの取り組みは進められています。

バイオエタノール

バイオガソリン

石油はいつ枯渇するのか?
地球上の石油はいつか枯渇します。 それは誰でもわかることですが、一体いつになったらそうなるのでしょうか。例えば30年前の学校の授業では30年後に石油は掘りつくされると教わったと思います。

スポンサーリンク