本文へスキップ

原油高騰の理由を解説します。

スポンサーリンク

イラクでの戦争

大昔からそうなのですが、中東が情勢不安定になれば原油供給に支障が出て原油価格が高騰します。

原油価格が高騰した大きな原因として有名なのがイラク戦争です。イラクは世界第二位の石油埋蔵量を誇る国です。そのイラクが情勢不安定になれば石油の供給量も低下します。石油の需要はあるのに供給だけが減る。すると石油の価格は自然と上がります。

原油価格は需要と供給のバランスで決まります。原油の供給源である中東情勢が安定すれば原油の供給量が増え価格は下がります。逆に中東情勢が不安定になると原油の供給量が下がりその結果価格は上がります。原油と中東は深く結びついているものなので投資家達は中東情勢について必ずチェックしています。

スポンサーリンク


余談ですがイラク戦争の頃、石油で一番苦労したのはアメリカ市民です。アメリカ国民の税金でイラク戦争をして国が潤うどころか原油価格上昇でガソリン代が上昇。市民の生活に負担がかかり市民は怒っていたという話です。

2003年にアメリカはイラク戦争をはじめ、石油大国イラクの情勢を不安定にしてしまいました。そして、2007〜2008年。イラク情勢は不安定なまま改善の見通しは立ちませんでした。月日は流れ2014年になっても今だに色々問題を抱えているようです。

世界情勢ひとつで乱降下する原油価格はこれからさらに上がっても何の不思議はありません。世界的な原油価格高騰はいつの時代もあるものなのです。


関連記事:原油高騰の仕組み


原油高騰の理由

中国・印の経済成長

原油価格と投機マネー

イラクでの戦争

サブプライムローンと原油


スポンサーリンク