本文へスキップ

原油高騰の理由を解説します。

スポンサーリンク

バイオガソリン

バイオガソリンがガソリンスタンドで販売され始めました。このバイオガソリンとはCO2の削減や環境問題への取り組みを意識して作られた、ガソリンです。

何か新技術を駆使して作られた、全く新しいガソリンのように思われていますが、実は従来のガソリンとあまり変わりはありません。従来のガソリンにバイオエタノールを3%だけ混ぜたものです。このバイオガソリンは「E3」と呼ばれ経済産業省のお墨付きのガソリンです。

なぜ3%しか混ぜてはいけないかというと、自動車部品の腐食を防ぐためやエンジンに不調が起きないため。そういった理由が挙げられます。海外に目を向けるとE3に留まらずE85のバイオガソリンが普通に販売されています。日本の自動車業界は濃い濃度のバイオガソリンに対応していませんが、やり方次第では濃度85%も可能になるわけです。日本でも今後は濃度3%に留まらずバイオエタノールの濃度をどんどん増やしていくことが決定しています。ちなみにバイオガソリンは今までの自動車に対応していて何の準備も無しに利用することができます。ガソリンに代わる、新エネルギーに期待がかかります。

関連記事:石油に代わる新エネルギー


バイオエタノール

バイオガソリン

石油はいつ枯渇するのか?

スポンサーリンク