本文へスキップ

原油高騰の理由を解説します。

スポンサーリンク

オイルショックが起きる原因

オイルショックは起きる原因、その仕組みを解説します。

まずオイルショックのおさらい。オイルショックとは石油価格高騰が原因で異常な物価上昇が起こり、経済が大打撃を受けることを言います。石油が手に入らない状態になると石油高による物価上昇が起こります。すると消費が冷え込み経済成長が停滞します。

企業は石油高のせいで商品製造コストが上がる。つまり商品価格を値上げするしかない。お客さんとしては高い商品を買いたくない。モノが売れない。マネーの流れが鈍る。経済が停滞していく。こうなると石油供給が安定するまでず〜っと経済が停滞し続けます。以上がオイルショックが起きる原因とその仕組みです。

スポンサーリンク


余談ですが第三次オイルショックの危険性が警告されています。日本で消費されるエネルギーで、石油が占める割合はなんと5割!エネルギーの半分を石油に頼っているのが現状です。

今後中国やインドの石油需要増加予測や投機的な思惑になる原油の先物買いによって、石油ショックがまた起きるのではないか?そういった指摘もちらほら出始めています。他の先進国では石油だけに頼らず天然ガスや、石炭など、エネルギー分散を進めている国もあります。しかし日本はいまだに石油に依存している状態です。世界的な原油価格高騰が起きています。第三次オイルショックに繋がる可能性も考えておきましょう。


関連記事:石油高になることの影響


ガソリン使用量の減少

オイルショックの原因

物価上昇と原油高

スポンサーリンク