本文へスキップ

原油高騰の理由を解説します。

スポンサーリンク

中国・インドの経済成長

中国・インドの経済成長は原油高騰の主な原因となっています。急速な経済成長が起きればその国のエネルギー消費量は増加します。

商品を生産するため工場で使われるエネルギーも増えますし。国民の生活水準が上がったことで一般家庭でのエネルギー消費量も増加します。

特に中国でのエネルギー問題は深刻で停電が日常茶飯事となっています。急速な成長に社会のインフラ整備が追いついていない状態です。中国・インドでは、エネルギー供給が全く追いついていない状態であり石油需要は日に日に増しています。

経済成長に伴った石油需要増加の仕組みはこうです。

急速な経済成長で、エネルギー消費量の増加。
↓ ↓
エネルギー供給のため石油の大量買い。(経済成長で外貨有り。大量買い可能)
↓ ↓
大量買いによる、石油需要増加。つまり、需要増加による石油価格の上昇。


これが経済成長と石油需要増加の関連性です。需要が上がれば価格も上がる。非常にシンプルな仕組みです。

スポンサーリンク


ここ最近では特にその流れが加速し世界的な原油高となっています。ガソリン代や灯油代が高くなりますし。私が車を持っていた数年前1リットルのガソリン価格を考えると今の価格は異常です。

石油供給量は政治的な努力で改善できるかもしれませんが。中国・インドの高度経済発展に伴った石油需要の増加はしばらくは止まらないでしょうね。

関連記事:原油高騰の仕組み


原油高騰の理由

中国・印の経済成長

原油価格と投機マネー

イラクでの戦争

サブプライムローンと原油


スポンサーリンク