本文へスキップ

原油高騰の理由を解説します。

スポンサーリンク

ガソリン使用量の減少

石油価格が高騰すると消費が冷え込みます。一番わかりやすい例ですとガソリン使用量の減少ですね。

これは原油価格が高騰した数年前の話ですが。ガソリン代が1リットル 150円を越す場所もありましたので、車に乗る機会を少なくしてガソリンを買わない人が増えました。

昔はガソリン価格が1リットル 100円を切っていたことを考えると、その価格がユーザーに受け入れられないのはしょうがないですね。2006年はガソリン高の影響でガソリンの国内販売が32年ぶりに前年割れしました。2006年の日本は景気回復を受けて消費が増加した年でしたが、エネルギー(ガソリン販売量)は前年割れしました。自動車ユーザーはガソリン価格上昇に過敏に反応したんですね。

車で旅行に行くのを避けたり、近場で済ませたり、飛行機を使ったり。ガソリン価格が落ち着くまでなるべく車を使わない構えでした。こうして消費が冷え込んでいくのも原油高の影響です。

スポンサーリンク


日本では石油販売量の前年割れ程度で済んでいますが、お隣の国韓国のガソリン事情は深刻でした。当事の韓国のガソリン価格は日本の約3倍。そのため韓国の自動車ユーザーはかなり苦労したしたようです。車を使わないわけにもいかず家計が圧迫され消費は冷え込みました。

石油の供給が落ち着いたとしてもすぐに事態が好転するわけではありません。値段は供給量ではなくマーケットで決まりますので、原油価格が高水準で推移して韓国のガソリン事情は苦しい時期が続きました。過去の事例を見て分かるように原油価格の高騰は景気に大きな影響を及ぼします。石油市場の影響力は経済全体と強く結びついています。


関連記事:石油高になることの影響


ガソリン使用量の減少

オイルショックの原因

物価上昇と原油高

スポンサーリンク