本文へスキップ

原油高騰の理由を解説します。

スポンサーリンク

原油高騰は、なぜ起こるのか?

原油高騰の仕組みを簡単に解説します。原油価格が上がる原因を一言でいうと、原油の需要 > 原油の供給です。(石油需要が多いのに、供給が追いつかない)様々な条件が重なり石油の供給量が不足している状態です。


原油供給が不足した、具体的な理由は、
・中国・インドの経済成長に伴った、石油消費量の増加
・中東での戦争により、石油の供給量が低下
・投機的な思惑(石油・先物市場のマネーゲーム)

こういったことが原因で、最近は石油価格が高騰しています。(以上3つの理由については、後の記事で詳細解説)原油も金融商品の一種ですから価格は乱高低してもおかしくはありません。需要と供給のバランスが崩れれば価格も大幅に変わります。原油価格が高騰する仕組みは他の商品と何ら変わりありません。

スポンサーリンク


原油調達が難しくなり供給量が減った。その結果、価格が上昇しガソリン価格などが上がり続ける状態となった。こういった仕組みは基本的な経済ルールと同じです。ただ取引金額が大きいので様々な思惑が絡み合って複雑化して見えるだけなのです。

当サイトでは原油価格が高騰した理由を解説するサイトです。原油高騰の仕組みとどういった条件で価格変動が起こるか、そういった知識が手に入ります。

次の記事では中国・インドの経済成長について触れてみようと思います。急速な経済成長とエネルギー問題。そして原油価格の高騰との関連性についてお話します。

関連記事:原油高騰の仕組み


原油高騰の理由

中国・印の経済成長

原油価格と投機マネー

イラクでの戦争

サブプライムローンと原油

原油高騰の仕組み

スポンサーリンク